復縁のタブーな禁止行為よりを戻せなくなります。

復縁でやってはいけないこと

復縁の際には人それぞれ、どうしたらヨリを戻せるのか考えて行動に出る人がいると思います。

しかし、復縁でのタブーな行為をしてしまい、より復縁が難しくなってしまったというケースもあります。

「どのように復縁を進めていくか」も大切ですが、復縁においてやってはいけないことも考えるようにしましょう。

 

復縁のタブーな行為とはどんなものか?お話しようと思います。

✖未練があることを示す

未練があるのをバレてはいけない

復縁でやってはいけないこととして有名なのが未練がましい態度を取ることです
お互いに別れたということを認識して、きっぱりと関係を断つことが大切です。
もちろん、好きな人と別れて未練が残ってしまうのは仕方がありません。
そこから感情的になって、「別れるの嫌だ やり直したい」と詰め寄ってしまうのでしょう。
しかしそれは、相手の別れたいという気持ちを否定しているのです
そうすると、相手からは
 
「何のために別れたのか、わかってないんだな」
「何も解決してないのに、やり直しなんてできない」
「ちょっと自分勝手なんじゃないか」
 
こう思われてしまい、より相手との距離が離れていってしまいます。
別れた原因などを解決しないまま復縁しても、また同じように分かれてしまいます。
まずは冷静になって現状を受け止めるところから始めましょう

✖重い内容のメールを送る

重いと思われる連絡を送らない

相手に対する気持ちから、メールの内容が重くなってしまいがちです。
「私はあなたとは上手くやっていけると思ってた…」など
重くて長ったらしいメールが来たら、相手からしたら読む気にもなれないし
「面倒くさい」「ウザい」と思われてしまうでしょう。
メールをするときには、本題のみを書いたシンプルな内容にしましょう。

✖気の合う友達で終わる

気の合う友達で終わる

別れた後でも、相手とメールを交わしたり、久しぶりに会って遊びに行ったりすることもあるかもしれません。
そして相手は、あなたを「気の合う友達」として関わっていくでしょう。
そうなると、もうその時点で復縁は失敗です
友達の関係のままで上手くいくなら、復縁するまでもないのです。
恋仲に戻らなければいけないのに、友達で十分だと思われてしまっては、相手は復縁を望みません。
ここは頃合いを見て、相手に復縁の話を持ち出さなければいけません
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る