図書館司書になりたい!具体的にどうしたらいいの?

young student reading book between the shelves in the library

■憧れの図書館で働きたい!図書館司書って知ってますか?

皆さま、読書は好きでしょうか。
小説に、教材に、絵本に…。本は様々なものがありますよね。
購入するのも良いけれど、ずっと置いておくのはかさばるし、費用もけっこう掛かってしまう。

そんなときに便利なのが、図書館ですよね。

実にいろいろな本が置いてありますし、静かな環境は心地がいいものです
新聞やCDもおいてある所もあります。長い時間滞在できるのも魅力の一つですね。
そこで働いているのが司書。働いている姿は見るものの、どうやってなるのかはよくわからない気がします。

就職すればなれる、と思いきや、司書になるには資格が必要なのです。
そこで、司書の資格とはどのようなものなのか解説していきましょう。

Books and magnifying glass

 

■司書の資格について教えて!

司書の仕事は、図書館でのカウンターで貸出・返却業務や本の管理などいろいろとあります。
司書の資格を取るのに、年齢制限はありませんが、資格取得のためには、3つの方法のどれかをクリアしている必要があります。

1.大学に2年以上在学し、62単位以上取得しているか高等専門学校を卒業し、司書講習を修了する。
2.大学や短大(通信制や夜間を含む)で、司書資格取得に必要な科目を履修し卒業する。
3.司書補として3年以上の勤務経験があり、司書講習を修了する。

 

ちなみに、司書補は、高等学校か中等教育学校を卒業または、高等専門学校第三学年を修了し、司書補講習を修了するとなることができます。
司書講習は、基本的に7~9月に行われる集中講習です。
つまり、司書の資格取得には、国家試験のような資格試験は存在しません。

しかし授業や講義での課題や試験はこなす必要があるため、中途半端な気持ちでは取得は難しいと考えていた方が良いでしょう。
学校で図書委員をしていたことがきっかけで、司書になったという人がいたり、もともと本が好きで司書になっていたりと、当然のようですが、本に興味がある人が資格を取得しているようです。ただ、資格を取得しても、図書館に採用されるかは別の話です。競争率が高いらしく、狭き門のようです。
合格は難しいかもしれませんが是非、本が好きな人はチャレンジしていただきたい資格ですね。

参照・参考サイト:http://careergarden.jp/shisho/

Old books on a Parisian flea market

文部科学省のホームページに司書の資格の取得方法が記載されているので、
ご確認ください。

文部科学省 司書について:http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/gakugei/shisyo/index.htm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る